「自分ゴト」から「皆ゴト」になって、そして最終的には「世の中ゴト」へと変容していく。ヤマト運輸の松本さんが生み出した三方良しのビジネスモデルも、このようなブレイクスルーが起きて生まれました。

例えば、私は空手をやっていますが、「知る」と「わかる」の違いを感じています。「黒帯ってこういうものなのかな。黒帯を取るとこうなるのかな。こういうような練習をやるのかな」、それはまだ「知る」のレベル。でも、実際に黒帯になってみると、「次は部下を指導してみよう。後輩を指導してみよう」こうなると、練習の内容も変わってきます。これが「わかる」のレベル。つまりは、「知る」から「わかる」のレベルになると行動が変化します。今まで見えなかったものが見えてくるわけです。

同じように、きちんと社員さんにしっかりと寄り添っていると、ブレイクスルーしたことが見えてきます。その人自身の行動が変容するのです。