■他者の個性を認めるのは、その人のストレスを理解すること

生産性を高めるには「自分とは違う個性を認めようとする姿勢」が大切です。この姿勢は、FFS理論の基本である「誰1人として、不要な人材はいない」という根本的考え方と同じと言っていいでしょう。
では具体的に、どのように「他者を尊重」すればいいのでしょう。答えは、自分とは個性の違う人間の、「ストレスの原因(ストレッサー)とストレス反応」を理解することにあります。
A~Eの5つの因子は、外界からの刺激に対する感性には差があります。この完成の差が、個人の行動パターンの違いとなって現れます、個性の尊重を前提に生産性を向上するためには、この行動パターンの差を理解しなければなりません。
また同時に、個人のストレスの要因となるストレッサーを把握する必要があります。なぜならFFS理論では、人はストレスがかかると強みを発揮できなくなると考えられているからです。お互いのストレッサーを理解することで、組織の生産性が向上するコミュニケーションや、組み合わせを生むことができるようになるのです。