更に、その《用事》には、お客様の「そう在りたい」という《状況》が織り込まれています。

代替策との違いを「どのように」表現するか?

例えば…

「髪を切りたい」という一つの《用事》に対して

“10分の身だしなみ” カット価格は1,000円のQBハウスで髪を切るのか。

首都圏の街の中でも、ひときわ個性的なのが横浜。欧米文化の窓口だった歴史が醸し出す独特の雰囲気、ショッピングストリートもあるおしゃれな街、元町で、会話を楽しみながら、髪を切るのか。

「髪を切りたい」という《用事》に、お客様のどう在りたいのかという《状況》が織り込まれています。

お客様がどのような用事を抱えているのか。

そのような状況を望んでいるのか。

状況が見えれば、共存できる!

代替策との違いを「どのように」表現するか?

競合と戦わない!ビジネスモデルを考える上で、重要な点です。

どんな片づけるべき用事を持った「人」か?

解決策として「何」を提供するか?

代替策との違いを「どのように」表現するか?

ビジネスモデルの第一のポイントとして「顧客価値」を今一度書き出していきましょう!

☞ 【ビジネスモデル~第二のポイント「利益」】

☜ 【ビジネスモデル~第一のポイント「顧客価値」】