ES組織開発の実践者のための教養講座

現代社会を生きる個と組織の変容を後押しする私たち自身が、教養を身につけ知性を高めて深く物事の本質を捉えられるように育ち続ける場、それが「TERAKOYA」です。

多様で複雑な時代、例えばダイバーシティが進む職場の中でコンフリクトが生じた時に、それらを解消する第三の案を導き出せるような「視野・視点・視座」を身につける。
あるいは、イノベーションを推し進めるチームで、さまざまな変化にもしなやかに対応できるマインドセットを身につける。
個々の人間性を高め、自ずと動き続ける生命体としての組織でしなやかにはたらき続ける形をつくるために、まずは私たち自身が”あり方”を整えていく必要があります。

”学び”は学校を出て終わりではありません。
社会に出たからこそ、さらに一歩を踏み出し未来思考で境を越えて学び続けていきましょう。

シリーズⅠ  東洋哲学に学ぶリーダーのための”人と組織の変容プロセス”

●ゲスト:飯田吉宏 氏(孚事務所株式会社 代表取締役/社会保険労務士・中国古典講師)
●課題図書『渋沢栄一の経営教室 Sクラス』(日本経済新聞出版社/香取俊介・田中渉 著)1,600円
:『論語』をベースにした経営哲学で「道徳経済同一説」を唱えた渋沢栄一氏。その教えを随所に盛り込んだストーリー仕立ての一冊は、発酵型読書会形式により複数名で読み込むことで気づきを深められます。


シリーズⅡ 自然経営「ティール組織」で生まれる幸せな職場とは?

武井浩三氏が創業したダイヤモンドメディアは、創業以来10年以上にわたり、次世代ティール組織(自然経営)を模索し、実践しながら成長を続けてきています。フレデリック・ラルー氏が著し、日本を含めた世界的ベストセラーになった「ティール組織」でも日本の企業として唯一紹介されています。昨年来、大きな話題となって各社で取り入れる取り組みが行われつつあるこの次世代組織の本質について、武井氏の実践の記録である本書を読み解きながら、日本における新しいし幸せな組織の在り方を考えてみたいと思います。
特別講義(最終回)ゲスト:武井浩三氏


シリーズⅢ 「資本主義の崩壊が始まる」

●ゲスト:野田 聖二氏(エコノミスト)
●課題図書『2018年 資本主義の崩壊が始まる』/ かんき出版

働き方改革による表面的な生産性向上の弊害、個人主義を突き詰めることによる組織のエントロピー増大の流れ、部分最適ではなく全体性を意識する必要性など、人事・組織の視点からも捉え、理解を深めます。