月刊誌「遊技通信」で毎月監修しているマンガ「パチンコ人事部日記」。パチンコ店の株式会社ゴージャス・グループの人事を急遽、任されることになった気弱な青年 谷川さんを取り巻く人事部での問題をマンガで分かりやすく解説中です。(作画:小山賢二さん/監修:有限会社人事・労務)

外とのつながり

人事部の仕事は、働きやすい職場づくりだ。そのために様々な制度をつくったり、運用面のサポートを行っていく。メンター制度は直属ではない先輩社員に相談できる機会をつくる制度だ。チーム内での悩みや課題はチーム内での解決が難しいこともある。そんなとき力になるのが外とのつながりだ。働き方や仕組みを変えるのは簡単ではなく、変化を生み出す人は孤独になりやすい。外とのつながりを持つことで、チーム内では相談しづらいことや自分では気づかない課題が見つかったりする。ワークライフバランスという言葉が広がり、私生活の充実が仕事の生産性につながるという認識も広がってきた。職場内だけでなく、職場外でのつながりづくりも大切なのだ。
(2021年12月号 監修者:畑中義雄)


メンバーの声を集める仕組みづくり

上司が部下に関心を持っていると感じられる職場では職場に対する不満がほとんどなくなるという調査結果がある。従業員にモチベーション高く働いてもらうためには、一人一人の意見や提案を集める仕組みが大切だ。ワン・オン・ワン・ミーティング(一対一で行うミーティング)で直接話を聞く場を設けること。メンター制度で、直属の上司などには話しづらい意見や悩みも話せる場を設けること。社内提案制度で、メンバー全員に提案のチャンスを与えること。メンバーが貢献感を高めながら働くためには、上司の声掛けはとても重要だ。一人一人のメンバーの声に耳を傾けよう
(2021年11月号 監修者:畑中義雄)


新入社員の教育係

新入社員の定着において入社時の教育はとても大切だ。人手不足や従業員の出入りが激しい職場では、新入社員への直接的な教育を行わず、仕事は見て覚えてもらうという職場も少なくない。しかし、新入社員が十分な教育を受けることができない職場は、不安や不満から離職につながりやすい。また、新入社員への教育は教える側にもメリットがある。教育係としての経験は貴重な成長の機会となる。上司が部下に関心を向けていると感じられる職場では、職場への不満はほとんどなくなるという調査結果がある。新入社員を迎え入れる際は、職場全体で歓迎しているということを伝えることが大切だ。
(2021年10月号 監修者:畑中義雄)


根本的ハラスメント対策

カスハラ(顧客からのハラスメント)、ブラハラ(血液型でのハラスメント)、エイハラ(年齢でのハラスメント)と、40種類以上のハラスメントがあると言われている。中でも会社に対応が義務付けられているのは①パワハラ、②セクハラ、③マタハラの3つだ。ハラスメント対応のポイントは、ハラスメントの加害者は無自覚であるという点だ。ヌードルハラスメントは、日本人がラーメンなどをすする食べ方に外国人が不快に感じてしまうというものだ。悪気がなくとも価値観の違いから不快な思いをさせてしまうことがあるのだ。根本的ハラスメント対応には多様な価値観への理解が必要だ。
(2021年9月号 監修者:畑中義雄)


【2022年4月】育児・介護休業法の改正

男性の低い育休取得率を上げる目的で、改正育児介護休業法が2022年4月から施行される。現在、女性の育休取得率83%に対して男性は7.4パーセント、さらにその8割は1月未満である。一方で、新卒予定の男性学生の8割は育休取得を希望しているという。男性育休取得促進のメリットは採用活動に有利に働くだけでなく、私生活充実による労働生産性向上も期待できる。国の男性育休推進の方向性は一貫しており、男性育休5日を取得した会社へは57万円の助成金も用意している。育休取得促進のためには、制度だけでなく育休をとりやすい風土づくりも大切だ。
(2021年8月号 監修者:畑中義雄)

デキる社員ほど「うつ病」に注意

うつ病は脳のエネルギー不足が原因で発症するといわれている。几帳面、責任感が強い、完璧主義、正義感が強いといった性格は、管理職など職場でも高いパフォーマンスを発揮する社員に共通する特徴だ。注意が必要なのは、高いパフォーマンスを発揮するとともに脳の消費エネルギーも高いという点だ。仕事がうまくいかなかったり環境の変化などが重なると、メンタル不調のリスクが高まってしまう。脳疲労の状態になると、集中力や気力、認知能力といったあらゆる脳機能が低下しメンタル不調の兆候として表れる。メンタル不調になり脳機能が低下した状態では、自分の体の不調にも気づけなくなってしまうため、メンタル不調の兆候を知り、早い段階で、気づくことが大切だ。
(2021年7月号 監修者:畑中義雄)

アドバイスではなくて「傾聴」 

ストレスチェック制度の目的は、ストレスの状態に気づき対応を促すことでメンタル不調を予防することだ。一方で、メンタル不調に気づいた後の対応には注意が必要だ。メンタル不調が疑われる場合に最も重要なのは「傾聴」だ。傾聴とは、相手の気持ちをそのまま受け入れながら聞くことだ。上司や同僚であれば、つい、アドバイスしてしまいたくなるかもしれないが、メンタル疾患が疑われる場合は素人判断は危険だ。人は話すことでストレスの90%が軽減されると言われている。「ただ話を聞く」ということだけで十分に相手の力になることができるのだ。傾聴に徹し、もしメンタル疾患が疑われるときは、産業医など専門家の力もかりていくことが大切だ。
(2021年6月号 監修者:畑中義雄)

パワハラは無自覚

2022年4月1日からパワハラ防止法が施行され、中小企業を含む会社にパワハラ防止の対応が必要となる。パワハラ対応の難しい点は、加害者に悪意がないケースが多いことだ。指導や教育を行っているつもりでも、パワハラだと感じられることがある。パワハラ防止の取り組みとしては、パワハラは加害者も無自覚で行ってしまうことが多いという点を共有することが大切だ。さらには、業務が忙しかったり、長時間労働で十分な睡眠時間が確保できていない場合は、脳のエネルギー不足から、怒りやすくなったり、感情のコントロールがしづらくなったりする。管理職のメンタルヘルスを向上させる取り組みの価値も高まってくるだろう。
(2021年5月号 監修者:畑中義雄)

法改正対応のコツ

毎年の法改正対応に、会社としては頭を悩まされることもある。これは、本社の人事部と営業所の関係に似ているかもしれない。最近の法改正を見てみると、同一労働同一賃金は非正規社員の待遇改善、育児休暇や介護休暇の改正は両立支援、70歳までの就業措置の努力義務化は高齢者雇用の推進と、国が目指す働き方の方向性が見えてくる。さらに法律の水準以上の取り組みをする会社に対しては助成金を活用することもできる。やらされ感をもたずに前向きに取り組みを進めるためには目的を知ることが大切だ。法改正への対応は手間もかかり大変なことも多いが、目指すべきゴールを共有することでより前向きに取り組めるのではないだろうか。
(2021年4月号 監修者:畑中義雄)

社内の強力アドバイザー

人事労務の分野では、多様な人材を活かすことが大切だという認識が広まっている。その大きなメリットの一つは、会社として、多様な視点と価値観を持つことができるという点だ。実際の体験から生まれたサービスは強い。男性・女性・シニアの方、若手社員、育児中の方など、多様なメンバーがいる会社ほど、たくさんの目と心でものごとを体感することができる。一人の全力より全員の余力、多様なメンバーのちょっとした気づきや発見が、大きな価値につながるかもしれない。
(2021年3月号 監修者:畑中義雄)


同じく大切な仲間

職場での悩みのほとんどは人間関係だ。とくに、ベテラン社員とデキる新人メンバーの間ではトラブルが起きることが少なくない。そんな時会社としてどのように対応したらよいだろうか。大切なのは、「同じく大切な仲間」だということを伝えることだ。多くの場合、どちらかを悪者にして裁く必要はない。争う必要がないという前提がなければ、良好な人間関係をつくることなどできないだろう。勝ち負けでなく、一人一人の貢献度を上げていくこと、その一点が大切なのだ。
(2021年2月号 監修者:畑中義雄)

カタカナ専門用語

「コンピテンシー」「タレントマネジメント」「エンプロイアビリティ」「ワークシェアリング」など、人事労務分野は変化が早く、海外から入ってくるカタカナ専門用語も多い。カタカナ専門用語にはキーワードとして印象付けるというメリットがある。しかし、認知度の低いカタカナ専門用語を使いすぎると、相手に対して知識をひけらかしていると感じられ不快な思いをさせてしまうこともあるので、注意が必要だ。カタカナ専門用語を使う際は、相手に伝わっているかを気にかける思いやりが大切だ。
(2021年1月号 監修者:畑中義雄)