協同労働の先駆者、10周年を迎えたOICHIに学ぶ。地域課題をビジネスで解決しながら、生涯現役で働ける環境を必要性

会員登録はこちらから▼

だいすけ!えりな!聞いてガッテン!下町しまうまラジオ

第4回目のゲストは、今年ちょうど10周年を迎えられたNPO法人協同労働協会OICHI坂佐井理事長です。

地域密着を当初から大切にされ、交流会の開催に着手された後、青葉区のたまプラーザで起業支援センター「まちなか biz あおば」を開業し、2020 年 12 月現在380 名の会員組織を作り、地域ビジネスの可能性を実感されています。姉妹店の会員数も増え、その他数多くの地域の課題をビジネス解決する事業を生み出し、地域で自立・起業を志す「職住近接」で人生 100 年時代を自分らしく働く生き方を推奨されています。
昨年末に「ワーカーズコープ法」が成立しましたが、10年以上前から「協同労働」に注目されてきた坂佐井理事長に、今の、そしてこれからの働くについて、どのような想いをお持ちなのか、お伺いしました。

第4回ゲスト紹介:坂佐井雅一 氏(NPO法人協同労働協会 OICHI 理事長)

高校卒業後、一身にサラリーマンとして勤め続け、会社からは大きな信頼を得るも、会社に頼らず自分のチカラで道を切り開く人生を歩むことに目覚め起業を志す。
一貫して仲間との絆を軸にコミュニティの拡大を目指し、2011 年 1 月にNPO法人協同労働協会OICHIを設立。当初都内を中心に活動していたが、自立・起業を目指す人が活躍する場は地域にあるのではないかと思い、2012 年9 月に地域密着の一歩として「あざみ野ほろ酔い交流会」を開催し、8年で 1000 名以上のあざみ野のリアルコミュニティを作る。
2014 年 6 月に青葉区のたまプラーザで起業支援センター「まちなか biz あおば」を開業し、2020 年 12 月現在380 名の会員組織を作り、地域ビジネスの可能性を実感する。
2020 年 4 月に緑区の中山駅で姉妹店「まちなか biz みどり」をオープン。2020 年 12 月現在の会員数は 60 名。地域ビジネス事業として、会員と一緒に、地産地消のお土産「丘のよこはま」や、健康予防の「あおば元気アッププロジェクト」など地域の課題をビジネス解決する事業を生み出し、地域で自立・起業を志す「職住近接」で人生 100 年時代を自分らしく働く生き方を推奨している。

協同労働協会OICHI 公式HPはこちら▼


電子書籍『もう満員電車に乗らない「地域密着型」起業のすすめ 』 を出版されています。

詳しくはこちら▼