協同労働で広がる“はたらく豊かさ”の可能性とは・・第22回 だいすけ!えりな! 聞いてガッテン!下町しまうまラジオ(2022.9/27放送)

会員登録はこちらから▼

第22回目の放送は、
「協同労働で広がる“はたらく豊かさ”の可能性とは」をテーマに、
ワーカーズコープ連合会 事務局長 高成田 健さん との対談をお送りします。

皆さんは、“協同労働”という働き方をご存知でしょうか。
自分たちで出資・経営・労働まですべてを担い、「はたらく」を作っていくことを大きな特徴とする協同労働。

2022年10月1日より労働者協同組合法が施行となるこの機会に、これまで40年以上にわたり協同労働を実践・推進してきたワーカーズコープ連合会で、事務局長を務める高成田さんにお話を伺いました。

ワーカーズコープ連合会は、福祉事業を原点として地域の課題を解決する、自分たちの「やりたい」を実現することを事業として展開しています。
一人一人が意思決定権を持っているがゆえに、どのように合意形成をしていくかという課題がある中で、自分たちはどのようにやっていきたいのかを皆で考え、話し合い、実践を積み重ねていく、そのプロセスを大切にしていると伺いました。

法施行にあたり、ワーカーズコープ連合会には全国各地から協同労働をやってみたい!という声が寄せられているそうで、新たな働き方の選択肢の一つとして注目されています。
高成田さんからも、法制定されることになった経緯や、協同労働に対する想いを伺う中で、多様な背景に寄り添い、それぞれの働きがいにつながる協同労働の可能性を感じました。

今日も元気に野菜がうめぇ しまうま田心カフェコーナー

「農と食で地域がつながる」をコンセプトに、地元・台東区かっぱ橋通りにコミュニティカフェ「田心カフェ」をオープンしました。食を通して地域を知る!毎回『江戸野菜』ゆかりのゲストをお招きし、食を通した学びを、皆さんと一緒に深めていければと思います。 ラジオを聞いていただいた方には何か特典があるかも…♪

今月の「しまうま田心カフェ」コーナーでは、新企画「自然農法学ぼう会」のキックオフイベントである、10月9日(日)の映画祭、および、11月7日(月)・8日(火)に予定している松屋浅草への出店についてお知らせします!

田心カフェの詳細はこちら▼



しまうまわくわく相談室

地域で暮らし働くリスナーの皆さんからの「はたらく」に関わる質問・相談におこたえする当コーナー。
ご質問・ご相談をお寄せいただいた方、先着2名様に、番組からプレゼントをお贈りいたします。
プレゼントは、当番組の協賛団体・日本ES開発協会がセレクトした、日光街道ゆかりのおいしいものステキなものをお贈り致します。
ご相談は、下記のフォームからお送りくださいませ。