だいすけ!えりな!聞いてガッテン!下町しまうまラジオ

【だいすけ!えりな!聞いてガッテン!下町しまうまラジオ】とは

「地域を舞台に、働きかたと生きかたを融合させながら、地域社会をデザインする」をテーマに、仕事と生き方、そして地域を融合させながらしなやかに暮らしている方をお呼びし、ミレニアル世代のえりな(司会進行:弊社山﨑)とご意見番だいすけ(弊社代表)が毎回ゲストをお呼びして対談いたします。

【しまうまラジオの由来】

「ゼブラ(しまうま)企業」はご存知でしょうか。

時価総額10億円ドル以上の未上場企業と定義されるユニコーン企業に対して、「サステナビリティ」を重視し、「共存性」や「社会貢献」に価値を置く企業のことです。「企業利益」と「社会貢献」という相反する2つを両立することからしまうまと言われています。ただの奉仕でもなく、利益追求だけでもなく、働くことや会社そのもの、また組織において働くとは何か、そのようなことを楽しく深く考えていく時間に・・・。

観て聴いていただいた方が少しでも、「明日からもまたお仕事頑張ろう!」「自分の地域が好きになった!もっと知ってみたくなった!」「こんな働きかたがあるんだ。面白そう!」と思ってもらえるような時間になれば幸いです。

『熈代勝覧~きだいしょうらん~』

この図巻は、紙本著色の一巻本で、巻頭の題字に、『熈代勝覧』、すなわち「熈(かがや)ける御代の勝(すぐ)れたる景観」を描くとあり、神田今川橋から日本橋までの七町(760m)の日本橋通りある88軒の問屋、店、行き交う男1,439人、女200人、子ども32人、(人合計1,671人)、犬20匹、馬13頭、牛4頭、猿1匹、鷹2羽、屋号や商標が書かれた暖簾、看板、旗などが克明に描かれています。
驚くべきは、この中に表現されている1,671人の中で笑っていないのがたったの4人ということ。残りの人々は、一人残らず笑顔でいるのです。多くの人たちが傍らにいる人たちと関係性を持ちながら仕事をし、笑顔で働いているということです。
一方、経済性の追求や個人の自由や権利を追求するあまり、現在、私たちはいつの間にか一人ぼっちの無縁社会に投げ出されてしまいました。
私達は、しまうまラジオを通じて無縁社会に警鐘を鳴らすと共に、下町のしなやかな暮らしに想いを馳せつつ、ただ懐古主義になるのではなく、昔の良さ、現代の良さ、引き継がれているものを再認識し、旧くて新しい働き方・生き方を探していく時間を創っていきたいと思います。


今月は、6月22日(火)14時~ON AIR!

第7回目のゲストは
一般社団法人 東京都障害者就労サポート協会 こすもす浅草橋
代表理事 野口 和男さんと理事 野口 真由美さんです。

日々、障がいを抱えている方と向き合ってお仕事をされているお二人から、ただ障がいを抱えている方を可哀そう、と思うのではなく、キャラクターとして受け入れて一緒に生きていく。本当の“共生”とは何なのか。についてお話いただきました。また、障がい者採用に取り組もうと考えている企業さんにとっても、勉強になるお話をお伺いしました。

<テーマ>
理解しようと思う気持ちが始めの一歩。

“障がい”は社会構造から生まれている。そのような時代で私たちの心構え。

<ゲスト>
一般社団法人 東京都障害者就労サポート協会 こすもす浅草橋
代表理事 野口 和男さん
理事 野口 真由美さん

「今日も元気に野菜がうめぇ しまうま田心カフェコーナー」

「農と食で地域がつながる」をコンセプトに、地元・台東区かっぱ橋通りにコミュニティカフェ「田心カフェ」をオープンしました。食を通して地域を知る!毎回『江戸野菜』ゆかりのゲストをお招きし、食を通した学びを、皆さんと一緒に深めていければと思います。 ラジオを聞いていただいた方には何か特典があるかも…♪

次回のしまうまラジオ「しまうま田心カフェ」コーナーでは、やまちゃんファーム 代表 山崎康成さん をゲストにお招きし、お送り致します。

田心カフェの詳細はこちら▼


↓ 5月放送分がこちらからご覧いただけます↓


しまうまわくわく相談室

地域で暮らし働くリスナーの皆さんからの「はたらく」に関わる質問・相談におこたえする当コーナー。
ご質問・ご相談をお寄せいただいた方、先着2名様に、番組からプレゼントをお贈りいたします。
プレゼントは、当番組の協賛団体・日本ES開発協会がセレクトした、日光街道ゆかりのおいしいものステキなものをお贈り致します。
ご相談は、下記のフォームからお送りくださいませ。